Home » 未分類 » 性病は防げる病気!誰も不幸にならないために

性病は防げる病気!誰も不幸にならないために

若い人の性病への意識と知識について

「性病」と聞いて思い浮かぶ症状はなんですか?かゆみとか、いぼいぼができる、とか病の種類によって変わります。しかし症状や感染する理由がぼんやりとしている人が多いと思います。特に若い人は知識が浅く、「昨日性行為をしてから尿道が痛い。彼女に性病をうつされた」と言う人を見たことがあります。性病自体は2~7日で発病するものもありますが、自覚症状がなく何か月、下手をしたら何年も気づかない場合があります。また自覚が出ても「恥ずかしくて病院に行きたくない」と放置し、悪化する場合もあります。しかし悪化した場合、女性の場合は「不妊症」など。男性の場合は「排尿痛・無精子症」など症状は色々あります。また妊娠した場合胎児に影響する病気もあります。今はネットでも匿名で検査を受けれます。一人で抱え込まずに、まずはちゃんとした知識を持っているお医者さんに相談しましょう。

匿名で検査ができる性病検査キット

性病の相談を、病院へ行ってするのは恥ずかしい。抵抗がある。そう思われる方は少なくはないでしょう。しかし、性病は放っておくと後々後悔するような問題が多くあります。一人で抱えてるそんな方におすすめなのが、「性病検査キット」です。ネットで検査キットを購入すると検査キットが届きます。専門の器具を使い、指定されたものをまた送ると検査が開始されます。結果はネットや郵便で確認できるため、安心して使えるでしょう。また、膣カンジタは性行為をしていなくても、免疫力の低下で発病します。まだ経験がないのに、症状がある気がする、でも病院に行くほどかな?と思った方はこのキットを使用してから病院に行くかどうかを決めるのも、いいと思います。「性病検査キット」と自分の体をどれだけうまく使えるかが、大切だと思います。

ちょっと前まで不治の病だった!?梅毒について

これは、「ペニシリン」という薬ができる前の話です。梅毒は、今では治せる性病ですが、ペニシリンができる前は不治の病と呼ばれていた病です。貿易港からどんどん広がっていました。主な感染の原因は性行為で、稀に血液や分泌液に触れることで感染する場合もあります。忘れてはいけないのは、つい150年ほど前までは本当に危険な病で、脳に梅毒がまわってしまい亡くなった方も大勢います、今、薬があるからと言って、対処を怠るのは危険です。性病の歴史を知ることで、どれだけ危険なものか改めて認識するのも、大切でしょう。

性病は、性行為やオーラルセックスが主な感染経路であり、多くは自覚症状が無いです。しかし、放置しておくと、不妊症に繋がるので、性行為時にはコンドームを着用して予防します。

最近のコメント

    アーカイブ