Home » 未分類 » 腰痛を少しでも良くするあまり知られていない方法とは?

腰痛を少しでも良くするあまり知られていない方法とは?

腰痛の原因を探ってみる

世の中で腰痛を患っている人は5万といます。この腰痛の原因は正しい姿勢で立っていないことや、正しい姿勢で座っていないこと、そして何か重たいものを持ちあげる時に腰に力を入れて腰だけで持ち上げてしまったなどの原因があります。また、腰と首は人間の体の中でも弱点の部分と言われています。その理由は、重要な個所なのに骨が一本しか通っていない点です。神様が人間を作った時に設計ミスをしたとすれば腰に骨を1本しか通さなかったことではないでしょうか。

正しい姿勢で歩くと腰痛は治る

腰痛の原因が正しい姿勢を保っていなかった場合だとすれば、正しい姿勢にすればいいのです。ですが、どうしたら正しい姿勢を保つことができるかはわからないという人も多いと思います。一番簡単でお金がかからない方法は、壁に背を向けて背中をピタッと壁にくっつけることです。そうすると壁に着く部分は、かかととおしり、肩、後頭部の4か所になるはずです。あごは若干引き気味にすると、正しい姿勢の出来上がりです。そのまま歩いて違和感を感じる場合には、いかに今まで正しくない姿勢で歩いていたかがわかるはずです。

柔軟よりも股割りがよい

腰痛を防ぐ方法に柔軟をするという方法があります。ただ、それよりも股割りが意外と大事になってきます。また割りは体が硬いとできませんが、体を柔らかくすることができれば、腰に負担をかけずに生活ができるのです。体が硬い人の特徴は、股関節が硬いため、腰がふともも側に引っ張られてしまうのです。つまり、腰が重力に負けて下に重心がかかるようになり、正しい姿勢に立つ事が難しくなるのです。ただ、この股割りはすぐにできるわけではなく、毎日じっくりと練習をしてそれを1年間以上続けることで効果が出てきます。

むちうちの治療には整形外科が有効です。整形外科にてレントゲン撮影後に首の固定や牽引にて治療ができます。

最近のコメント

    アーカイブ